長崎 大野 パチンコ

長崎 大野 パチンコ

緊急のものだけ俺に預けて行ってきてくれ」 そう伝えると、二人は即座に動いた

 俺の元に書類を運んできたクララ

確認をお願いしますと差し出したそれの一番上にあったのは書き損じの裏紙

 隙間に雑な字で走り書きがされていた

 それなりにさぐってくるから、まってなさい 状況を静観していたものの、気にしていたらしい

あなたも好きかも:s花火 スロット
そして俺のことを気遣ってくれたんだな……

あなたも好きかも:キャプテン 翼 パチンコ プレミア
 それにより、少し焦り、混乱していた気持ちを落ち着けようと意識できた

 何も分からないうちから焦ったところで仕方がないのだ

まずは情報収集……

マルのことだって、心配したところでアイルに確認してみるくらいしか、俺にできることはない

あなたも好きかも:グローバルキャリア パチンコ
 クララに渡された急ぎの書類をとりあえずは済ませ、約束通りハインにも声を掛け、外へ

 犬笛を吹くと、アイルは即座に現れた

「神殿は何を言ってきた……」 俺の顔を見るなりそう言ったアイル

 だけど、何を言ってきた……か

つまり、マルたちの方からはまだ何も、知らせ等は入っていないのだな

「まだ分からない

ただ……マルたちが心配になって……

 そっちにも、何の知らせも入っていないのだよな?」「入っていない