スロット ハッピーライフ

スロット ハッピーライフ

「とりあえず、この世のことについては保留じゃ

分からないことは後で情報を集めるのじゃぞ木幕」「承知している」「では、今の状況でも解決できそうなことを考えて行こうかの

まずは兵力についてじゃ」 そこで津之江が手を上げる

あなたも好きかも:パチスロ キング
「以前魔王軍が攻めて来た時ローデン要塞の兵力は割り出されています

あなたも好きかも:黒石 パチンコ サカエ会館
確か千八百程度だったかと」「某が兵の配置を采配した

津之江の言っていることは合っている」「千八百……」 ローデン要塞の総戦力は千八百だ

 領民も合わせればもう少し多くはなるのだが、今回は戦えない人物を頭数にいれるのは止めておこう

 彼らの避難も考えておかなければならないのだが、それはもう既に行われているかもしれない

 ローデン要塞にいるであろう人物の采配に期待することにする

「援軍に来れるとすれば、ルーエン王国とミルセル王国……

それとライルマイン要塞であるな

もしかしたらリーズレナ王国も来るかもしれんが」「二ヵ月だらば(だったら)、確かにそれくらいだらなぁ(しかないよな)」「どれだけの兵力が集まるか、木幕殿は分からんだべか?」「国の大きさでしか判断材料がなかった

だがリーズレナの勇者であれば絶対に来るであろうな……」 懐かしい顔を思い出す

 今頃どうしているだろうか? もしローデン要塞で再会できたのであれば、酒を酌み交わしたいものだ

 そんな余裕はないかもしれないが

 ルーエン王国は必ずと言っていい程来るだろう