マインクラフト ルーレット

マインクラフト ルーレット

その姿を風音は遠隔視で確認して、どう対処しようかと思案していたのだが、その途中でビクリと肩を震わせた

「あ、ヤバい

あなたも好きかも:ブラックジャック インベーダー
バレた!?」「なんだと?」 ジンライが眉間にしわを寄せて尋ねるが、風音はゴールデンアイが遠隔視している自分を知覚したのを察知していた

 そして、ゴールデンアイがどこから出しているのか分からぬ悲鳴のような鳴き声を唐突にその場で発生させると、風音は自分たちの周囲の通路から唐突に無数の魔物の臭いが発せられたのを感じた

 どうやら、ゴールデンアイが仲間を呼んだようだった

名前:由比浜 風音職業:竜と獣統べる天魔之王(見習い)称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王・解放者(リベレイター)・守護者装備:風音の虹杖・ドラグホーントンファー×2・鬼皇の鎧・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・白蓄魔器(改)×2・虹のネックレス・虹竜の指輪・金翅鳥の腕輪・プラチナケープレベル:46体力:165+25魔力:450+550筋力:91+60俊敏力:99+50持久力:52+30知力:100器用さ:78スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』『ラビットスピード』『フレアミラージュ』『テレポート』『カイザーサンダーバード』スキル:『見習い解除』『無の理』『技の手[0]』『光輪:Lv2』『進化の手[4]』『キックの悪魔:Lv2』『怒りの波動』『蹴斬波』『爆神掌』『コンセントレーション』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv5』『イージスシールド:Lv2』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス:Lv2』『インビジブルナイツ』『タイガーアイ』『壁歩き』『直感:Lv3』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv3』『情報連携:Lv3』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv4[竜系統][飛属]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv3』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv3[竜系統]』『魔王の威圧:Lv3』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv3』『真・空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き:Lv4』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス:Lv2』『リビングアーマー』『アラーム』『六刀流』『精神攻撃完全防御』『スパイダーウェブ』『ワイヤーカッター』『柔軟』『魔力吸収』『白金体化』『友情タッグ』『戦艦トンファー召喚』『カルラ炎』『魔物創造』『ウィングスライサー』『フェザーアタック』『ビースティング』『弾力』『イーグルアイ』『ソードレイン:Lv4』『空中跳び[竜系統]』『暴風の加護:Lv2』『最速ゼンラー』『ソルダード流王剣術』『タイタンウェーブ:Lv2』『宝石化』『ハウリングボイス:Lv2』『影世界の住人』『知恵の実』『死体ごっこ』『ハイパーバックダッシュ』『ドリル化:Lv2』『毛根殺し』『ハイパータートルネック』『爆裂鉄鋼弾』『ウィングアーム』風音「なるほど、さすがに目が良い」弓花「仲間を呼ばれたか」風音「大ピンチってほどでもないけど、囲まれるのはあまりよろしくないね」

「十五、いや十六か……うーん

結構な数だね

みんな、紅蝶のアミュレットはちゃんと持ってる?」 スキル『犬の嗅覚』により周囲の状況を把握しながら風音が尋ねると、仲間たちも自分の首にかけた紅蝶のアミュレットを確認しながら頷いた

あなたも好きかも:パカラー
ゴールデンアイは相手を金縛りにさせる能力を持っている

こうした相手への対策として、風音たちはアモリアへ行き、紅蝶のアミュレットを手に入れたのである

「それでどういう状況だ、カザネ?」 そしてジンライが槍を握りながら風音に尋ねた

 正面は左右に分かれた丁字路で、通ってきた背後の道は少し下がった場所で右に曲がっていた

それらを順に見回しながら、風音は冷静に説明を行う

「正面右の通路から三体進行

左に六体、それに後ろからは七体来てるね