イカサマ カジノ パート

イカサマ カジノ パート

 警備は手薄だった

 天輪宮の内部に潜入するのは、容易ではない

ただでさえ高い壁が、天輪宮の四方を囲っている上、都市警備隊による厳重な警備網が侵入者を阻んでいる

あなたも好きかも:那覇 バカラ
外部の警備が厚い分、内部の警備は極めて手薄だった

それは、天輪宮の主であるセツナの望みが優先された結果だ

天輪宮を住居として利用するのならば、安らかに過ごしたいと望むのは当然のことだろう

 その代わりといってはなんだが、自分たちの身は自分たちで守らなければならないが、武装召喚師集団である《獅子の尾》の面々が外部からの侵入者に負けるはずもなければ、元侍女とは名ばかりの屈強な戦士の集団である黒獣隊が引けを取ることもない

あなたも好きかも:パチスロ バジリスク 絆 設定 6 確定 演出
もちろん、現在、天輪宮に滞在中の軍師や参謀局の幹部を始めとする客人の警護は強固なものにしており、警備が手薄なのは、セツナたちの周囲だけといってもよかった

要するに、自分たちさえ過ごしやすければそれでいい、という考えだったのだ

あなたも好きかも:イース12 スロット
 セツナと手を繋いで夜の天輪宮を歩く――ただそれだけで、ミリュウは至福を感じることができた

ミリュウからセツナに抱きつくことはあっても、セツナから手を繋いでくることなどありえないことだった

セツナからなのだ