カオス パチンコ 秋田

カオス パチンコ 秋田

「いっそ、学内でキャンペーンします?若禿げ特集、何が効くのか試してみよう月間

あなたも好きかも:パチスロ カブトムシ
企画書は、明日までに書いてきますから」 真顔の天満

「何言ってるの、あなた達はっ

あなたも好きかも:カジノ ビーチリゾート
禿げたって、別にいいでしょうっ」 勢いよく彼らを怒鳴りつけた中川だったが、ぎこちなくその顔を後ろへと向けた

 虚しいそうに笑っている杉下へと

「君の言う通りだ

どうでもいいよ、確かに」「え、あ、あの

あなたも好きかも:パチンコ じゃん ばり
す、杉下さんっ」 突然走り出す杉下と、すかさず後を追う中川

 冗談のようにも見えるが、本気といってもおかしくは無い雰囲気

 杉下が気にしているのは、間違いないだろう

「何をやってるんだ」 ため息を付き、三島はシャツのボタンを一つ外した

 厚い胸板のため、すでにその下のボタンは取れている

「お、喋りやがったなこの野郎」「屋神さん

三島さんだって喋るって