ハイスクールdxd スロット 設置店

ハイスクールdxd スロット 設置店

 それは、彼女にとっては価値観が変わるほどの出来事だったに違いない

 竜の群れの中で育った彼女は、自分も竜であると信じて疑っていなかった

竜と大きく異なる姿形も、竜たちの個体差と同じようなものだと認識する一方、時が経てば解決するものだと想っていたのだ

あなたも好きかも:ぱちんこ 風営法
いずれ全身を強靭な鱗と外皮が覆い、首が伸び、翼が生え、鋭い牙と爪を得るものなのだと、信じていたのだ

成長し、人間でいえば大人と呼ばれる年齢に至っても彼女がそう信じて疑わなかったのは、“竜の巣”に棲むだれもが彼女のその想いを否定しなかったからだ

あなたも好きかも:tas パチンコ
尊重し、そうなれるといってやるものばかりだった

皆、ユフィーリアを愛した

当初は人間ということで忌み嫌っていたケナンユースナルでさえ、ユフィーリアが成人を迎えるころには溺愛するようになっていたし、彼女の魅力は、“竜の巣”に棲む竜たちを虜にして仕方がなかったのだ

あなたも好きかも:パチンコ 店員 耳
彼女の天真爛漫で純粋無垢、そして奔放なところは、竜に縋る人間や竜と敵対する人間には見受けられないものだったからだろう

 人間が皆ユフィーリアのようであれば、という声も聞こえるほどに、ラムレスとその眷属たちはユフィーリアを愛していた

 いつごろからか、ユフィーリアを人間と見なくなり、竜の一翼として見、考えるようになっていたのだ

彼女を外界へ誘った竜たちにしても、彼女が人間であるという意識がなかったに違いない

彼女が人間と接触することによる変化を察することもなかったのだ

そのことについて、ラムレスは竜たちを責めなかった

むしろ、ユフィーリアに真実を伝える機会ができたことは、喜ぶべきなのだと想ったからだ

 ユフィーリアは、ラムレスから直接、己の出自を聞いてもなお、信じられないという反応を見せた

自分は“竜の巣”の竜であり、ラムレスの娘なのだと主張した

ラムレスはその主張そのものを否定することはしなかった