スロット エヴァ at777 シナリオ

スロット エヴァ at777 シナリオ

何階だったかな……

あなたも好きかも:パチンコ ネタ台
ああ、そうか三階だな

二階の俺と四階の美射の間に入るように山口とタズマエが三階に入ってくれた

四階のここから、エレベーターで三階へと降りる

そしてタズマエの気配がする部屋の扉を叩くと中から、低く大きめの声で「入ってくれー」タズマエが声をかけてきた

あなたも好きかも:高砂市 スロット
部屋に入って、室内の通路を歩き奥へと行くと見事なキッチンができていて何と専用の排気口まで天井には回っていた

エプロン姿のタズマエがそこで、機嫌よく幾つもの鍋やフライパンを使い、積み上げられた食材を複雑に選んで、放り込みながら料理をしていた

「皆が起きてからの食事を作っている

 俺もタジマと同じく、まだ眠くないんでね」俺は部屋の隅に座り込んでその様子を眺めながら「本当に料理が好きだったんだな」「俺にとって料理は、薬剤の実験と同じだな

あなたも好きかも:岡山県 スロット 優良店
 調味料や焼き加減の微妙な具合や 食べる者たちの好み、それらを上手く想定して 食材を掛け合わせて作る

 そして、旨そうな顔をして、皆が食べれば 実験は成功だ」「お前、本当に頭いいよな」タズマエは背中を向けて料理を続けながら「知能指数の高さだけが頭の良さではない

 尽きない学習欲、他者の感情の機微を読み取る感性や 豊富な経験、そして練り上げた人格も含めて 本当の賢者は完成する」言いたい意味は分かる

「……本当の賢者でなければ、頭良いとか言うまでもないと?」タズマエは背中を向けたまま頷いて「俺程度なら、腐るほど世界中にいる

 それに知能指数の高いだけの無能もな

 知能が高いか低いかなど、生きるにおいて それほど重要なことではないさ」「何が大切だと思うんだ?」「……他者に喜びを与えられるかどうか

 それができないのならば 自分を如何に喜ばせられるか

 知性ある生き物として生まれたのならば それのみが大切だ」「変な話するけど、快楽殺人犯とかは 自分を大いに楽しませているよな……?」タズマエは肩を揺らして大きく笑いながら「代償が大きすぎる過った愉しみは、いずれ裁きを受ける

 死ぬまで逃げきれても、墓は掘り返されるだろうな」そう言って黙って料理に集中し始めた