スナイプ スロット

スナイプ スロット

あなたも好きかも:ベガス・ナイト・ライフ
さっきだってあのポストロイドに襲われてて、こうして地下に追いやられて……でも……それなのに、病気になったら手を差し伸べてくれる……ってことですか? それは……うーん……えっと……?」「……? それはそうだよ、だって私も労働者だからね

ポストロイドに追われるのと、モノドロイドに保護されてるのは別の問題だよ」 ん……お……おおう? あ、頭がこんがらがってきた

モノドロイドは街と街の人々を管理してて、ポストロイドを造ってそれも管理してて

あなたも好きかも:パチンコ 権利物 と は
でも……ポストロイドがアルコさんを襲ってたのは別件で……?「……あの男なんですね、ポストロイドにアルコさんを襲わせたのは

モノドロイドの意思とは別

モノドロイドも識別番号に差異をつけて区別するものの、直接的な差別は他の——その七桁の識別番号を持つ人間によってなされている、と」「ええと……うん、そうだね

しかし、ミラちゃんは少し難しい言葉を使うね

やっぱり、たくさん勉強してお医者さんになる様な子は違うんだねぇ」 いえ、私は医者ではありません

と、ミラはまた否定したのだが、アルコさんも他のみんなもなんだかありがたそうにミラを拝んでいた

確かに、最近の……というか、王都に来てから——勇者を本格的に目指し始めてからのミラは、言葉選びがちょっとだけマーリンさんに似てきている

無意識に寄っていってるんだろうな、大好きだもんな

って、それはよくて

「差別が生まれてしまう土壌があって、それを是としてしまう人々がいる

なるほど、納得したわ

つまり、ここにいる人達の現状は、モノドロイドの意図していない形だったのね

あのポストロイドが、そしてそれを造ってる組織が敵……というわけじゃない