神戸 パチンコ 天一

神戸 パチンコ 天一

ともかく対となる魔物がなんなのかが重要なんだよ

何か見えない?』「ん、待てよ

ああと……いたぜ」 そうライルが口にする

あなたも好きかも:pachinko beam
その視線の先にいたのは、沼の中からわずかに突き出た長い首であった

「なんかデッカいチ……いや、亀がいる」『チ?』「なんでもねえ

あなたも好きかも:パチンコ 新機種 777
ガーメだ

ガーメ種だよ、種類までは分かんねえけど」『あー、それはちょっと厄介かもしれないね』「どういうことだ?」『数多いんだよ、多分沼地にかなり潜んでいるはず』「マジか

潜んでいるって……沼ってかなり広いぞ」 ライルが怯えた顔で周囲を見回す

沼にいるガーメは、サイズとしては人よりもそこそこ大きい程度で山のように巨大というわけではないが、闇の森の魔物である

あなたも好きかも:バカラ 見分け方
それが見渡す限りの沼の中に大量に生息しているかもしれないのだ

「おいおい、マジかよ」 ライルはいよいよ己の髪が遠くに言ってしまいそうな、そんな思いに駆られざるを得なかった

名前:由比浜 風音職業:竜と獣統べる天魔之王(見習い)称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王・解放者(リベレイター)・守護者装備:風音の杖・ドラグホーントンファー×2・鬼皇の鎧・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・白蓄魔器(改)×2・虹のネックレス・虹竜の指輪・金翅鳥の腕輪・プラチナケープレベル:46体力:165+25魔力:450+550筋力:91+60俊敏力:99+50持久力:52+30知力:100器用さ:78スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』『ラビットスピード』『フレアミラージュ』『テレポート』『カイザーサンダーバード』スキル:『見習い解除』『無の理』『技の手[0]』『光輪:Lv2』『進化の手[4]』『キックの悪魔:Lv2』『怒りの波動』『蹴斬波』『爆神掌』『コンセントレーション』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv5』『イージスシールド:Lv2』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス:Lv2』『インビジブルナイツ』『タイガーアイ』『壁歩き』『直感:Lv3』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv3』『情報連携:Lv3』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv4[竜系統][飛属]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv3』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv3[竜系統]』『魔王の威圧:Lv3』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv2』『真・空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き:Lv3』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス:Lv2』『リビングアーマー』『アラーム』『六刀流』『精神攻撃完全防御』『スパイダーウェブ』『ワイヤーカッター』『柔軟』『魔力吸収』『白金体化』『友情タッグ』『戦艦トンファー召喚』『カルラ炎』『魔物創造』『ウィングスライサー』『フェザーアタック』『ビースティング』『弾力』『イーグルアイ』『ソードレイン:Lv4』『空中跳び[竜系統]』『暴風の加護』『最速ゼンラー』『ソルダード流王剣術』『タイタンウェーブ』『宝石化』『ハウリングボイス』『影世界の住人』『知恵の実』『死体ごっこ』『ハイパーバックダッシュ』『ドリル化:Lv2』風音「大丈夫だって言ってるのにね」ゆっこ姉「ねー」弓花「その理由をそろそろ教えて上げないとライル泣きそうなんだけど……」

◎ロードゾラン大樹林「マズったね」 ライルを追って移動している途中、風音が若干の焦りの篭もった声で呟いた

「どうしたの

ライルに何かあった?」 併走している弓花が風音に尋ねる