スロット サイバードラゴン2

スロット サイバードラゴン2

「僕も仕事が忙しくなければね・・・今はましだけど、一時期は本当に厳しくてさ・・・やっぱり無理して一人で抱えるもんじゃないね」「お仕事大変なんですか・・・?っていうかバズさんって一般人としてはどんな職に就いてらっしゃるんですか?」「僕?僕は運転手だよ

バスの運転手」「そうだったんですか!?知りませんでした」「はっはっは、そりゃ言ってこなかったからね

だからいろいろと融通が利くのさ

いろんなところに行けるし、門があれば一時的にでもすぐに帰ってこられるからね」幸彦は魔術師であるメリットと一般人としてのメリットをうまく合わせて生活しているようだった

何というかたくましい限りである

「本当は飛行機のパイロットになりたかったんだけどね・・・残念ながら試験に落ちてしまって・・・適性がなかったらしい」「パイロットはあこがれますね・・・でも門を使っての移動は難しそうです」「そうだね、そう考えるとやっぱり今のままでもいいかなって」幸彦は今の仕事に満足しているらしく、笑いながら車を操っていく

穏やかで乗り心地が良いのは職業柄ということだろう

二人がそんな談笑をしている中、文が索敵でいくつかの影を捉えていた

ほんのわずかに空気が変わったことに幸彦は反応して目を細める

あなたも好きかも:ウラジオストク カジノ ポーカー
「・・・っと・・・招かれざる客かな?」「よく気づきましたね

気配に出てましたか?」「うん、ベルの気配はわかりやすいね

あなたも好きかも:ストリートファイター ゲーム機
意図的にわかりやすくしているのかな?後方・・・結構な速度で追ってきてるね」文の索敵に続いて幸彦も索敵を発動したのだろう

あなたも好きかも:スロット バイオハザードリベレーションズ
後方からこのトラックを追うような形で何人かの魔術師がやってきている

速度の出そうな車、そしてそれを取り囲むようにバイクが数台

載っているのは全員魔術師だ

明らかに怪しいそれらに文と幸彦は警戒の色を強くしていた

「迎撃しますか?今なら先制攻撃できますよ?」「ダメダメ、僕らは囮だよ?釣りの餌は自分から魚の口に突っ込んでいったりしないだろう?僕らは釣り上げるために食いつかれなきゃ」「・・・では防御を」「んー・・・なるべく防御もしたくないところだなぁ・・・相手の出方にもよるけどね」「防御もダメって・・・それじゃ最悪事故になりますよ?行動不能になってしまいます」攻撃をしてはいけないというならまだわかるが、防御もしてはいけないという言葉に文は眉を顰める

このトラックはそれなりに大きい