インフィニットストラトス パチスロ タイマー

インフィニットストラトス パチスロ タイマー

あなたも好きかも:パチスロ ツイン
青紫色は暗い色彩なのだが、それでもくっきりと浮かび上がり、その美しさに見惚れてしまう

満天の星のように煌めく銀色の光の中で、続けて、中心部分に鮮やかな孔雀色と鮮やかな青、そして淡い金色の輪が広がった

「…………………ほわ」暗く鮮やかに輝くからこそ、派手な花火より胸を打つ色彩の美しさに、ネアはぎゅっと胸元で組んだ両手を握り締めた

(ああこれは、エーダリア様が見つけた愛情の色だわ………………)それがまた嬉しくて、ネアは笑顔で小さく弾む

「ほお、………街の方には何か降らせたな」「なぬ?!ここには降って来ていませんよ?!」「…………あちらにだけ、その魔術を向けたようだね

リーエンベルクの周囲だと、無駄になってしまうからではないかな」「な、何が降っているのですか?!こちらでも、早急に調べなければなりません!」「ご主人様……………」荒れ狂って今すぐ街に出掛けると言い張るネアに、ディノは慌てて三つ編みを差し出している

その時、しゅわしゅわと光る小さな青紫色の煌めきが、ネア達のところにも一粒だけ落ちて来た

はっとしたネアが打ち上げ場所の方を見ると、優雅に一礼したらしいヒルドのシルエットが見えた

「見て下さい、こちらにも一つくれたようです」「良かったね

……………おや」「まぁ!」両手で受け止めた光の粒は、きらきらしゃりんと光を放ち、お財布に入れておけそうなくらいの、小さな小さな陶器の人形になった

なんと、お座り銀狐である

あなたも好きかも:ガルパン パチンコ 新台 ボーダー
当然のこととして、高位の魔物に魔術的な要素が繋がらないように少しデフォルメされているが、それでもウィームの住民なら一目で銀狐だと分かる可愛さだ

あなたも好きかも:パチンコ エリザベス 成東
「狐さんが!」そう大はしゃぎしたネアのように、この贈り物は、ウィームの街でも領民達を熱狂させた

この花火を見ることの出来た幸運な観光客達は、銀狐の陶器の人形を握り締めて家に帰り、ウィームのバベルクレアの夜は素晴らしい祝祭だったと口々に伝えたという

なお、その夜に舞い降りた銀狐の陶器人形は、赤い天鵞絨のクッションに鎮座させられ、あの銀狐グッズのお店のショウウィンドウにも誇らしげに飾られていたそうだ

その日、ウィームは無事にクラヴィスの夜となった

朝からしんしんと雪の降る一日で、真っ赤な木の実のリースに積もった雪が堪らなく美しい

些細なことなのだ