スロット バラエティ ポスター

スロット バラエティ ポスター

などと考えていると、ドルナジャがいきなり立ち上がって「よし!踊ろう!ここで最後の幸せな走馬灯に 出てくる素敵な景色を造るの!」「……それ、ここじゃないとダメでゲスか?」かなり前に、タンゴを踊った覚えがある

俺の夢の中だったかもしれない

「私が最初に造った国で、その時の夫と 一緒に踊った舞踏をこれから見せるから! 覚えてね!」「……何かとてつもなく重い由来を持つ ダンスをいきなりさせようとすんなでゲス……」うなだれている俺を無視してドルナジャは複雑なステップと、腕の動きを持つ何となく優雅なダンスを一分ほど勝手に披露して「はいっ!どうぞ!」サカエの顔で、ニカッと笑って、こちらに促すように右腕を伸ばして座っている俺を見下ろしてくる

仕方なく、今の踊りをまったくそのまま再現すると、すぐにドルナジャから手を取られて少し違う踊りをするドルナジャとまるで長年のパートナーのようにダンスをし始める羽目になった

満面の笑みのドルナジャが実に満足そうに俺を見てくるので、ムカついて次第にダンスの速度を上げていく

ドルナジャは喜んで、その速さに合わせてきてまたムカついて速度を上げるというのを繰り返しお互いの速度が一定の速さを越えると残像がついてきて、もはや自分でもダンスじゃなくて武術の訓練をしているんじゃないかと錯覚するほどの、訳の分からない武術の手合わせのようになってきた

いきなりドルナジャは俺の手を引いて宙に駆け上がり、しかも逆さに踊り出した

そして「できないでしょ?」という顔を数コンマの間してくる

ブチ切れて、その勢いで咄嗟にドルナジャの闘気の流れを観察すると両足を、宙に引っ掛けるように闘気を放出しているようだと理解したので、俺も真似してみたら出来た

二人で宙に逆さになって残像を残しながら、超高速でダンスをし始める

あなたも好きかも:sjm カジノ
辺りには、色とりどりの海蛇のような液体金属が泳いでいて確かに幻想的だが、俺らは一体、何をやってるんだこれは……

と思いながら結局一時間ほど、ドルナジャとダンスなのか武術の訓練なのか分からない地獄のような手合わせを逆さのまま宙を上下しながら続けていると「あんたらさー!!馬鹿なことやってないで さっさと降りてきたら!?終わったんだけど!!」というドロシーの叫び声で、俺たちは我に帰ってやっと床へと降りて行った

あなたも好きかも:ブラックジャック ドロンジョ
早くも終わったらしい

あなたも好きかも:低 貸 スロット
あきれ顔のドロシーに連れられてエレベーターシャフトへと歩いていく

「あーいい運動になったなぁ

良い身体だこれ

 私の物理的な力が結構使えるわ」ドルナジャは腕を伸ばしながら俺にウインクしてくる