ぱちんこ ギャラクシー

ぱちんこ ギャラクシー

運命の8月18日、仏「ライン軍」総司令官フランソア・アシル・バゼーヌ大将の考えは「積極的防御姿勢において独軍と対決する」でした

 その防御の重点は戦線南部のロゼリユ方面にあり、このサン=カンタン山を後背にした防衛適地で独軍の「中央軍」を迎え、決戦を行おうとしたのです

 ですから、モーゼル河畔からモンヴォー川上流、仏第4軍団の左翼が構える「ラ=フォリの家」付近までは死守の構えでおり、攻める独軍の「息切れ」を待って予備の近衛軍団を投入し撃破することを夢見たのでした

 バゼーヌ大将 しかし、バゼーヌ将軍も二次的戦線と見たラ=フォリより北の、第4や第6軍団が担当する自軍右翼を全く無視していた訳ではありません

 この日午前10時、サン=プリヴァー在の仏第6軍団長カンロベル大将に対し、「万が一敵が貴軍団の戦区を包囲攻撃するようなことに至れば、貴官は時期を得て最外右翼を後退させてもよろしい」と命じていました(後述)

 その癖、普近衛軍団とザクセン軍団が南と西から迫った時にカンロベル大将が独断で1個連隊に命じてサント=マリーへ前進させたことを知ると、バゼーヌは余計なことをして戦線を緩めるな、とばかりに叱責の伝令を飛ばしているのです

あなたも好きかも:メインクエスト ルーレット 経験値
 元よりバゼーヌ将軍は、独軍がサン=プリヴァー方面まで北上し包囲に掛かるなど考えていなかった節があります

この地は俯瞰して見ても仏軍陣地帯の弱点になり得る地形(丘陵地帯ではあるものの、南部に比して緩斜面であり遮蔽は少ないものの進撃し易い)であるのに、仏第6軍団を置いたことにもそれが現れています

 カンロベル大将率いる第6軍団は既述通り「総軍予備」として召集されました

あなたも好きかも:創世のアクエリオン evol スロット
動員も最も困難な地より行われ、十分な資材や補給物資も後回しとされて来ました

砲兵力も定数の三分の一、騎兵はなく、工兵や土木資材は一切シャロン(=アン=シャンパーニュ

あなたも好きかも:パチスロ 5.5号機とは
パリの東約150キロ

市街地郊外に仏軍の一大演習場がありました)に置いて来ました

当然、この会戦でも防御工事が疎かとなり、南部で普軍を苦しめた散兵線や砲兵陣地もこの地では、一般の兵士たちが地面を浅く掘っただけだったり防御物を置かないままだったりと、強化されずに終わったのです