ガイア パチンコ 和泉府中

ガイア パチンコ 和泉府中

 この辺りはムーズ川の水深が浅く、架橋しなくても渡河が可能で、ビュザンシー方面からの本街道もあって軍隊の渡河点としては非常に適した場所でした

 地形は東岸のストゥネ部落の方が西岸より低く、ストゥネ対岸のラヌヴィル(=シュル=ムーズ)部落の直ぐ西は深い森に覆われた急な斜面となっており、西からストゥネに向かう軍隊にとっては川があっても攻撃し易い場所と言えました

逆に言えばシュルツ少将の部隊は敵を迎えるにしては困難な場所に進むこととなったのですが、軍団命令では「ストゥネの渡河橋梁を西に対して守備確保せよ」となっていました

あなたも好きかも:パチンコ 等価 交換 規制
シュルツ将軍は敬愛する殿下の命令とあれば、不利であっても文字通りに守って遂行しようとします

 支隊は、ストゥネの市街地を占領すると防御拠点を設け、各橋梁にはバリケードを築き、横道にあった2、3の小橋梁はこれを破壊し川へ叩き落としたのでした

 その前衛は川を渡ってラヌヴィル部落周辺に散兵線を敷き野営しましたが、支隊が前衛に対して出ていた命令「ボーモン(=アン=アルゴンヌ

ストゥネの北西11キロ)方面を偵察せよ」との部分を「ボーフォール(=アン=アルゴンヌ

ストゥネの西南西6キロ)」と勘違いし、斥候隊は街道を西のボーフォールまで進んでしまい、ボーモン方面の偵察はなされないままとなるのです

 この頃、ストゥネでは一人のベルギー人がシュルツ将軍の本部を表敬しています

「一介の旅行者」と身分を示した男は「西から来た」と言い、「モンメディ(ストゥネの東13キロ

その東7キロで国境)を経て国へ帰る」とのことで、将軍たちの問いに対し、「騎兵将軍のマルグリットが3、4千人を率いてボーモン付近におり、ル・シェーヌとビュザンシーの間には8万ないし10万の仏軍がいる」と答えた後、「フィール・グリュック!(がんばれ)」と去って行ったのです

あなたも好きかも:スロット 麻雀格闘倶楽部2 天井
 この「謎の」ベルギー人は、正確な観察眼と中立国人とはいえ戦闘地帯を「旅行」するという姿から多分、潜入偵察に出たベルギーの軍人か身分を隠した従軍記者だったのではないか、と想像します

また、脅された訳でもなく独軍に仏軍の状況を知らせた訳ですから、独軍に「勝って欲しい」筋の人間だったのでしょう

 この日、シュルツ支隊からモンメディの偵察とショヴァンシー(=サン=テュベール