黒瀬 パチンコ ロッソ

黒瀬 パチンコ ロッソ

「そっか、君は君でちゃんと考えてたんだね

余計なお世話だったかな」「でも今日のことでも不安になっているとまでは思っていませんでした

ノアが、ああやってディノを心配してくれると、ほっこりしますね」「ほら、そうやって君は狡いんだから」「ふふ

大人はそうやって社会の荒波を渡ってゆくものなのです」「夏休みかぁ

どこに行こうね」「……………一緒に行くつもりなのはなぜなのだ」「大丈夫

鞄に詰めれば簡単に持って行けるから」「…………むぐ」「ありゃ、寝ちゃうの?もっとお喋りしようよ」「むぐふ

あなたも好きかも:ココモ法 ルーレット
眠りを妨げるもの、死すべし」「…………ネアは時々、本当に僕達を殺す勢いだからなぁ

あ、でも君に昏倒させられたのは、僕とシルだけだね」それを喜ぶのはどうなのだろうと思ったが、ネアはもう反論する力がなかった

あなたも好きかも:fx バカラ
アルテアを弱らせたこともあるし、竜も倒したことがある

あなたも好きかも:スロット 人気台 ランキング
そんなことを考えながら眠ったからか、ネアは夜明けに大暴れした

………………らしい

ぎゅうぎゅうと押し寄せてくる悪者達と戦う夢を見たのだが、朝目が覚めると、魔物達は寝台の隅っこで怯えて固まって眠っていた

何だか兄弟のようで可愛らしい構図だったので、ネアは良いものが見れたと幸せな気分になる

幸いにもそのお陰で、ノアは火の慰霊祭の怖さがすっかり抜け落ちたそうだ

ネアの荒ぶり方に比べたら、火の幻影の方が怖くないと朝食の席で公開処刑にされたので、夏休みの旅行は、銀狐をお留守番にさせようと思う

火の慰霊祭は、大嫌いな一日だった

大事なものを奪い取ってもなお、かの火はまだも暗く赤く荒ぶり、あの人生最悪の火の姿を再現せんとする