スロット モンスターハンター 月下雷鳴 大連続

スロット モンスターハンター 月下雷鳴 大連続

 ジャック・ド・モレーの後に続くのは、第二次世界大戦中にソ連軍で建造されていた『ソビエツキー・ソユーズ級』戦艦である

24号計画艦(ジャック・ド・モレー)と同じく3連装40cm砲を3基装備する超弩級戦艦であるが、1隻も完成する前に建造が中止されてしまったため、実戦投入どころか航海も経験したことのない戦艦である

 テンプル騎士団では、そのソビエツキー・ソユーズ級にも近代化改修を施し、『ソビエツキー・ソユーズ』、『ソビエツカヤ・ウクライナ』、『ソビエツカヤ・ベロルーシヤ』、『ソビエツカヤ・ロシア』の4隻を運用している

魔物の掃討や海賊の討伐などを担当している戦艦なのだが、普段の任務で出撃する海域が違うためか、4隻の塗装はバラバラだ

ジャック・ド・モレーにそっくりな塗装の艦だけでなく、ダズル迷彩を施されている艦もある

 こちらも対艦ミサイルを装填したキャニスターを合計で8基搭載しており、攻撃力は非常に高い

しかし対潜用の装備が少ない上に小回りが利かないため、駆逐艦の護衛が必要となる

 この5隻だけでも、敵艦隊をあっという間に海の藻屑にするほどの火力があるが、出航したソビエツキー・ソユーズ級の後方に、更に複数の超弩級戦艦が続く

あなたも好きかも:aruze pachincoin
 ソビエツキー・ソユーズ級の四番艦『ソビエツカヤ・ロシア』の後に続くのは、ロシア帝国が建造した『インペラトリッツァ・マリーヤ級』

あなたも好きかも:akb48 パチンコ 保留
かなり旧式の艦であるため、こちらもかなりの近代化改修を受けている

あなたも好きかも:5ch スロット
 本来ならば前部甲板と後部甲板に1基ずつ3連装30cm砲を搭載し、艦橋や煙突の間にも同型の主砲を搭載していたのだが、煙突と艦橋の間に装備されていた主砲は一旦撤去されている

艦橋はソヴレメンヌイ級と同じ艦橋へと変更され、そのまま船体中央部へと寄せられており、前部甲板と後部甲板に3連装30cm砲を2基ずつ搭載するように変更されている

艦橋や煙突の脇には、対空用のコールチクや対艦ミサイルを装填したキャニスターが並んでいる

 テンプル騎士団では、インペラトリッツァ・マリーヤ級は『インペラトリッツァ・マリーヤ』、『インペラトリッツァ・エカテリーナ2世』、『インペラートル・アレクサンドル3世』の3隻を運用しており、主に海賊の殲滅や地上部隊を支援するための艦砲射撃などに投入している

 同じく軍港から出航し、インペラトリッツァ・マリーヤ級の3番艦『インペラートル・アレクサンドル3世』の後方に続くのは、ロシア帝国が建造した『ガングート級』戦艦たちだった

 インペラトリッツァ・マリーヤ級よりも前に産声を上げた戦艦であり、テンプル騎士団が保有する戦艦の中では最も古い戦艦である

こちらもインペラトリッツァ・マリーヤ級のように艦橋と煙突の間に30cm砲を搭載していたのだが、近代化改修を受けた際に4基の主砲のうち2基は撤去されており、その代わりにヘリを搭載するための格納庫とヘリポートを後部甲板の主砲と艦橋の間に搭載されている

 主砲である3連装30cm砲はたった2基に減ってしまったものの、他の戦艦とは違ってヘリを搭載しているため、汎用性は高くなっている