マックス パチンコ 栃木

マックス パチンコ 栃木

その結果、ラグナひとりに蹂躙されているのだから、哀れというかなんというか

 これらが味方に加わったとして立派な戦力になるのかどうかというと、なるだろう、としかいいようがないのも事実だ

 魔晶人形たちがこうも容易く撃破できているのは、相手がラグナだからであり、ラグナが最盛期の力を発揮しているからにほかならない

あなたも好きかも:エヴァ スロット 勝利への願い 評価
三界の竜王が、人形相手に負けるわけもないのだ

「さて、準備運動はもう十分じゃな」 数十体の魔晶人形が残骸となって横たわる戦場を見回して、彼女はいった

あなたも好きかも:ブラックジャック アニメ 改変
 量産型魔晶人形たちとの戦闘は決して有意義ではなかったものの、竜人態に慣れるための準備運動と考えれば十分価値のあるものだったかもしれない

あなたも好きかも:脳移植 ブラックジャック
 無論、イルは無事だ

 彼女は、ただの残骸と成り果てた量産型魔晶人形たちを見つめていた

多少様子が違うとはいえ、魔晶人形同士、なにか想うところがあるのかもしれない

ラグナには彼女の心情を想像する余地もなかったし、彼女がなにをどう想おうと優先しなければならないことがある以上、ここに留まっている場合ではない

「さっさとセツナたちと合流し、ここを脱出するぞ

ウルクの奪還は、後回しじゃ」 ラグナが告げると、イルが無言のままうなずいた

 ラグナは、竜人態のまま、イルとともに城塞を駆けた

鋼鉄の迷宮は、広大かつ複雑に入り組んでいるだけでなく、なにか異様な力が働いており、ラグナの空間把握能力を持っていても全容を掴み取ることができなかった

なにかに邪魔されている

それはおそらく、ラグナの空間転移魔法を阻害した力と同質のものであり、ミドガルドに扮していた神の力に違いない

 ラグナの力をも阻害するほどの神となれば、大神以外には考えられないのだが、だとすれば、ますますラグナたちに余裕はなかった

もし、ミドガルドを演じていたのがエベルならば、セツナの命が危うい

神ならば、黒き矛の使い手ほど忌々しい存在はないのだ