セブンスター パチンコ 幸区

セブンスター パチンコ 幸区

どうぞ私のことは気にせずに」 ふらりと立ち上がった忍は、誰もいないまだ形を残している家の縁側に腰をおろし、内部を漁っていた二ノ葉がお茶を手にしてくる

若者に配り、最後に忍へ

「ありがとう二ノ葉」「食料も少しあったから、後で

それよりも……」「――それよりも酒はないかの」 音を立てるように忍の隣、二ノ葉の逆側に腰をおろし、片あぐらを組んだ女性は頬杖をついて、だらしなく、やれやれと吐息を落とした

 九尾――いや、彼女は九尾そのものであり、玉藻と呼ばれる天魔だ

あなたも好きかも:パチンコ ヤマト2
今は刀を依り代にしている、五木の天魔

あなたも好きかも:パチンコ 人生の末路
「酒はありませんよ玉藻様

わかっていらっしゃるでしょうに」「そうは言うがな二ノ葉、これでは退屈で適わん

あなたも好きかも:ダンバイン 魂 パチンコ
そちらの若い連中の働きぶりも、昔の小僧どもと比べれば目を見張るものもないしのう」「玉藻様と出逢ってからの私は、理事長職に専念していたはずですが」「百眼によく呼び出されておったしのう

それに、妾と対峙したあの小僧のことを忘れられん

雨天に蒼凰はの、ククク……」「あの二人と比べられては、彼らも困るでしょう」「うん、そう思う――あれ? 忍さん」 思わず小太刀に手をかけようとした二ノ葉だが、ソレを指で示す

「――あれは」 式神じゃのうと、玉藻が言う

忍は立ち上がり、空を飛ぶ小鳥に対して指を向けた

それは忍の手に止まると、するすると折りたたまれた紙に戻ってしまう

「ほう、書簡か