ビデオポーカー ルール

ビデオポーカー ルール

最もランクが低かったためライナーにあてがってみたが、上手く対処できないようだ

『剣術』勝負では勝てども、その光の魔力の防御力を上回る魔法を練る余裕がない様子だ

 それはライナーの力不足が原因だからではない

あなたも好きかも:パチンコしたい 金がない
おそらく、僕が相手しても同じ結果になるだろう

あっさりとモンスターを倒しているノスフィーのほうが異常なのだ

あなたも好きかも:ポケモン 金 スロット
 このままではライナーが担当している右側のモンスターの二匹目が到達してしまう

二対一になってしまえば、ライナーが重症を負う確率が上がる

已む無く、僕は身体の底から魔力を大量に搾り出し、援護の魔法を構築し始める

 使う魔法は《ディフォルト》

 だが、今度の使用目的は『移動』ではなく『援護』だ

『攻撃補助に特化した《ディフォルト》』を、いま、ここで構築する

そのくらいのイメージならば、もう固まっている

 新魔法を編み出すのも、余裕のない戦闘中にそれを強いられるのも、両方慣れている――!「ノスフィー、そのまま左側を頼む! ライナー、おまえの回避は僕が行う(・・・・)から捨て身でいってくれ! ――次元魔法っ、《ディメンション》《ディフォルト》!」「信じるぞ、キリスト!」 ライナーは即答した

 その迷いない信頼に応えるため、持てる全てを出し尽くして魔法を唱える

「――《ディメンション・曲戦演算(ディファレンス)》!!」 新しい魔法の名は《ディメンション・曲戦演算(ディファレンス)》

 誤差を生むことに特化した魔法だ