タイ料理 バカラ

タイ料理 バカラ

タガグロと共にナーニャたちが寝る寝室へと入って一緒に寝ようとするとそこを普通に通り過ぎて、別の寝室へと彼女は俺をいざなった

「……今日くらいはええやろ」黙って頷いて、服を脱ぎ捨てて二人でベッドに入って、縦横無尽に泳ぎ回る

やがて果てて、幸せそうに目を閉じたタガグロに抱きしめられたまま俺は深い眠りへと落ちて行った

……「あーのー快眠中に申し訳ないんですけどー」着物姿の美射だ

見回すと辺りの景色は、どうやら、こっちに帰ってきた時に居たあの砂浜である

あなたも好きかも:スロット はいふり 設置店
「……さすがに空気を読め」夫婦で久しぶりにした後だ

悪意しか感じない

「あっちから来たタガグロちゃん……いや、今はアカコちゃんか」「アカコさんがどうしたんだよ」「さっき別れた後に、散々考え込んだ末、目的が恐らく分かりましたー」軽く言ってくる美射に、若干ムカつきながらも「聞かせてくれ……」「こっちの世界に紛れ込んだ、あっちの世界の何かの 回収だと思いまーす」「どういう意味?」「ほら、但馬がむこうの世界でエパータムにやったみたいに アカコちゃんもこっちの世界から、何かを回収していくんじゃないの?」「……つまり、向こうの世界のリングリングが 因果律でアカコさんを操っていると?」アカコ自身は、俺についてきただけでとくにそういった計画があるような気配は感じられなかった

「……そうかもねー

あなたも好きかも:菅 パチンコ
まあ、とにかく伝えたから

 あ、ちなみに因果律では、結果はまだ分かってないからね

 但馬が帰ってきた辺りから、また激しく混線し始めたから」「……意外と役に立たないよな……」因果律の事である

「但馬が意図せずに捻じ曲げまくってるからよ

あなたも好きかも:おおた パチンコ
まあ、私は 但馬が居ればどんな状態でもいいんだけど」美射はニコッと笑ってそういうと、パチっと指を鳴らして「疲れた時に無理してすると、身体悪くしますよー!」と思いっきり舌を出して消えた

やはりしっかり見ていたらしい、アホだ